紅玉梅酢  (200ml) 0138

商品コード090111

製造元海の精

原産地

商品別特殊表示

通常価格 (税込)

販売価格530

当店ポイント2

数量

この商品について問い合わせる


あざかやな紅色がドレッシングにピッタリ。
生姜の梅酢漬けにもピッタリ!
夏場の塩分補給に水で薄めて飲んでもOK!
原材料
特別栽培梅(奈良・三重産)・有機しそ(奈良・和歌山産)・塩(海の精)
紅玉梅干から出来た梅酢。
あざかやな紅色がドレッシングにピッタリ。

梅干しを作る過程でできるのが梅酢です。
つぶつぶクッキングではお酢として大活躍。
ドレッシングや漬け物はもちろん、すし飯だってつくれちゃう!
ショウガを1日漬ければ、自家製紅ショウガのできあがり!
キッリッとした塩分が欲しい時には絶対オススメ!!


■┓スタッフのイチオシ
┗┛━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥☆

○レシピ
〜ヒエの冬サラダ〜

[材料]
炊いたヒエ 1カップを炊いた量1/6量(約70g)
りんご 75g(正味)
柿 75g
玉ねぎ 35g
塩水(水50cc、自然塩小さじ1/3)

*ドレッシング(梅酢 小さじ1、菜種油 小さじ1弱、
水 小さじ2、クミン 小さじ1/4)

[作り方]
1. ヒエを炊きます。炊き方はこちら★

2. りんごと柿は塩水にくぐらせ、細かく切る。

3. 玉ねぎはみじん切りにする。ボウルにドレッシングの材料を
合わせておく。

4. 3に炊いたヒエと玉ねぎを入れて混ぜ、りんごと柿も加え
クミンを振り、さっくり混ぜあわせる。

<ポイント>
梅酢(小さじ1)の代わりに、
レモン汁 小さじ1、自然塩 小さじ1/6で、出来ます。

りんごはみじん切り、柿は粗みじん位にカットすると
美味しいです♪

ヒエは多めに炊いて、小分けして保存すると大変便利です。

冷凍もできますし、解凍する場合は自然解凍か蒸すのがオススメです。
炊飯器にしばらく保温することでも、ふんわり戻ります。

(『つぶつぶ02』p.4 より一部抜粋)


○レシピ2
〜5分茹でるだけのヒジキマリネ〜

[材料]
乾燥ヒジキ 30g
菜種油 大さじ6
梅酢 大さじ3
醤油 小さじ1と1/2

1. 乾燥ヒジキは戻さず、そのまま熱湯で5分、
柔らかくなるまで茹でる。

2. 菜種油、梅酢、醤油を合わせて
マリネ液を作り、1.を熱いうちに浸け込む。

<ポイント>
ヒジキは長いものがある時は
茹でたあとハサミで切っておいてください。

そのまま食べても美味しいヒジキマリネは、
青ジソ、千切りネギ、オカヒジキなどと混ぜれば、
色々なおかずに早変わり。

常備菜としても、役立ちます!
(『つぶつぶ05』p.4,5 より一部抜粋)


○レシピ3
〜押し麦と玉ネギの梅酢サラダ〜

[材料]
 炊いた押し麦の1/2量
玉ネギ 1個(200g)
ワカメ(戻したもの) 100g
梅酢 小さじ2

[作り方]
 1. 押し麦に梅酢の半量をかけてなじませる。

2. 玉ネギは半分に切り、繊維に直角に極薄切りにする。
冷水に5分浸け、ザルにあげておく。

3. 器に一口大のワカメ、2.の玉ネギをおき、
残りの梅酢をまわりにかける。
真ん中に1.をのせる。

<ポイント> 
・押し麦が梅酢でピンク色に染まり、
大変かわいい色のサラダになります。

・玉ネギは、透き通るような薄さが美味しさのポイント!
サラダ用には端の切りにくい部分は使わないほうが良いです。
(端は炒め物などに使用しましょう!)

・玉ネギは5分浸けたら水を切って、フタ付容器に保存。
これで、数日間楽しめますよ。

(『つぶつぶ vol.10』p.10 より一部抜粋)

 
もっと、もっと・・・梅酢!!

野菜だけ
書籍:野菜だけ





 
吹き出しつぶつぶスタッフが語る・・・
スタッフ

僕は夏バテ防止に梅酢入りのお水をのんでいます!名付けて「梅酢ウォーター」。
どうしても、冷たい飲み物やビールが恋しく飲み過ぎになるけど、
仕事まえにはぐび!っと塩分と水分を補給してがんばってます!
スタッフ・池田

 
知ってると便利メモ:

梅酢の塩味濃度換算を覚えよう。
梅酢の塩味は塩(海の精)の約1/3
*梅酢大さじ1=塩小さじ1

 
3分クッキング♪

梅酢ドレッシング
「梅酢:ごま油」を「1:2」の割合で合わせる。
空きビンなどに、まとめて作ってつかう度にシェイク!シェイク!!するのも便利。
冷蔵庫で長期保存が可能です。
*生野菜、蒸し野菜、揚げ野菜、海藻etc...どんなサラダにもあう、
とっても重宝なドレッシングです。

ユーザーレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません。