南部いたふ 5枚入
南部いたふ 5枚入
南部いたふ 5枚入
南部いたふ 5枚入

南部いたふ 5枚入

商品コード150111

製造元石田製麩所

原産地

商品別特殊表示

通常価格 (税込)

販売価格335

当店ポイント1

数量

ハートアイコンお気に入りに追加この商品について問い合わせる


炭火手焼きしたもの。
つぶつぶの定番料理、ヒエフィッシュには欠かせない板麩。
魚の皮に見立てて使う。
下味をつけて油で炒め焼きすると、焼き肉やベーコン風味に。
原材料
小麦粉(国内産・外国産)、小麦グルテン(外国産)

※冬場は長時間乾燥機に入れるため若干よじれることがありますが
商品として問題ございません。
板麩は車麩と同様に小麦グルテンを焼いて板状にして作ります。
板麩はつぶつぶ流薄切り肉!

つぶつぶマストアイテム生産者レポートはこちら



■┓スタッフのイチオシ
┗┛━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥☆

○レシピ1
〜基本のヒエフィッシュの作り方(4枚分)〜
 

[材料]
炊き立てのヒエ 1カップ分
山芋粉 14g
自然塩 小さじ1
板麩 2枚
水 40cc
※山芋粉+水は、生の山芋すりおろし60gでも可

[作り方]
1. 山芋粉は水を入れて練り、塩を加えておく。

2. 板麩は戻し、包丁で2枚に開く。

3. ボウルに炊いたヒエと1を入れて熱いうちによくヘラでこね、滑らかな生地をつくる。

4. 生地を握って4等分に丸める。

5. 手のひらに水をつけ、開いた板麩の上に4.を置き、端まで押し付けるように広げていく。

<ポイント>
・板麩の水分量が多すぎると、生地と分離しやすくなるので、切り開いた表面が指で持ち上がるほどの水分量がベスト。

・板麩にのせた生地は、均一に広げ、端は台形になるようエッジを作ると、料理中の扱いが簡単になります。

・ヒエは冷めるとポロッとする性質を持つので、炊き立てに水でといた山芋粉を入れることで、やわらかさがキープされ、料理しやすくなります。


 

【基本のヒエフィッシュを使った2品】

○レシピ2
〜ヒエのフリッター(16枚分)〜

[材料]
基本のヒエフィッシュ 2枚
揚げ油(菜種油7:ゴマ油3)適量
フリッター粉(小麦粉 1/2カップ(50g)、山芋粉 5g、自然塩 小さじ1/2、水 80cc
※山芋粉5g+水80ccは、山芋すりおろし20g+水50ccでも可)

[作り方]
1. ヒエフィッシュは、1枚を8個の台形に切る。

2. ボウルに小麦粉と山芋粉、自然塩を合わせ、
水を注ぎながら箸で混ぜてフリッター粉をつくる。

3. 1に2の衣をつけて、180度の油でカラッと揚げる。

<ポイント>
火が通りやすい食材を使っているので、
揚げ時間は短く、色が付いたら引き上げる程度でOK!

フリッター粉にヒエフィッシュを長くつけすぎると、
ヒエフィッシュがくずれ、板麩から分離しやすくなるので、
注意が必要です。

これは、レシピ3の溶き粉につける場合も同様です。



○レシピ3
〜ヒエのお魚フライ(8枚分)〜

[材料]
基本のヒエフィッシュ 2枚
パン粉・揚げ油(菜種油7:ゴマ油3)各適量
溶き粉(小麦粉 1カップ、(100g)自然塩 小さじ1/2、水 2/3カップ)

[作り方]
1. ヒエフィッシュは、1枚を半分の長さになるよう切り、
それを斜めに切って直角三角形を4個つくる。

2. ボウルに小麦粉と自然塩を合わせ、水を注ぎながら
箸で混ぜて溶き粉をつくる。

3. 1に2の溶き粉をつけ、パン粉をしっかりつけて
180度の油できつね色になるまで揚げる。

<ポイント>
ヒエフィッシュ1枚をヒエフリッターのように小さ目に8個に
カットすると、お弁当に入れやすいサイズになります。

お弁当には、お子さまにはケチャップ味、
大人にはソースやからし醤をかけるのもお薦めです。

溶き粉の材料である自然塩の代わりに、
ハーブソルトを使っても、美味しいですよ!

(『つぶつぶ02』p.6,7より一部抜粋)



○レシピ4 
〜ねぎ1本と板麩1枚のお得なおかず〜 
 
[材料]
長ネギ 1本(白い部分70g)
板麩 1枚
胡麻油 大さじ1 
自然塩 小さじ1と1/3
酒 大さじ1
醤油 小さじ1
七味 適量 
 
(板麩の戻し方) 
鍋にお湯をわかし、板麩をくぐらせてザルにあげる。 
さわってみてまだ硬い部分が残っているときは、 
再度お湯にくぐらせてザルにあげる。(1〜2回くらいで戻ります。) 
 
[作り方] 
1. ネギは斜めに1センチ幅に切る。 
 
2. 板麩を戻して2枚に開き、2センチ幅に切る。 
 
3. 油を熱したフライパンにネギを入れ強火で炒め 
自然塩をふり、板麩を加えてさらに炒める。 
 
4. 全体に油がまわったら酒を入れひとまぜし、醤油をふって
できあがり。食べる直前に七味をふる。 
 
(『つぶつぶ02』p.15より抜粋) 
 
ちょっとしたおつまみにも、最適です。 
ぜひ、お試しください。 
 
板麩は戻してそのまま使うだけでなく、 
下味をつけてごま油で炒め焼きすると、焼き肉やベーコン風味にもなり、 
冷蔵庫などにストックしておくと、とっても重宝します。  
もちろん、普通に汁物に入れても美味しいですし、 
油でさっと揚げてスナック風にしたりと、バリエーションが豊富です。 

 

ユーザーレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません。